【ジョジョ スタンド/3部】「エボニーデビル」呪いのデーボ

スタンド名:「エボニーデビル」

 

スタンド名 エボニーデビル
初登場部 3部
タイプ 遠隔操作型
スタンド特徴 名前の由来はタロット大アルカナ15番目の裏切り、拘束、堕落を意味する「悪魔」。

ナイフを持った木製の人形に憑依し、思うままに操るスタンド。

本体による「恨み」のエナジーをスタンドパワーに変換でき、強い「恨み」を注入されたスタンドは遠隔操作型でありながら殺傷に足るパワーと精密動作性を得る。その為にはわざと本体の姿を敵に晒し、先制攻撃を受ける必要がある。

また人形が持った物体に「恨み」を伝導させることで、スタンドへの直接攻撃が可能。

弱点 「恨み」を発生させる条件として、敵に姿を晒さなければならない。
スタンド評価
★★★☆☆
評価の理由(考察)

「恨み」の分だけ攻撃力が跳ね上がる特異なスタンド。人形が気付かれない間、本体を不意打ちの形で死に追いやることができる。

真正面からの戦いでなければ、暗殺能力が非常に優秀といえる。

スタンド名の由来・元ネタ

名前の由来はタロット大アルカナ15番目の裏切り、拘束、堕落を意味する「悪魔」。

所有者:呪いのデーボ

所有者 呪いのデーボ
出身国 アメリカ
人となり エンヤ婆に送り込まれた7人の刺客の一人。呪術師かつ殺し屋で、世界中の大物から御用達の腕を持つ。暗殺の方法から、全身が傷だらけである。

シンガポールのホテルでポルナレフへの攻撃を実行する。

小型の冷蔵庫に収まるほど身体が柔らかく、ホテルのベランダから落下しても生存している。極めて丈夫な肉体を持つ。

性格 冷酷な性格。「恨み」を発動したとたん、下品な言葉使いと表情に変わる。
現在(最期) ポルナレフをベッドの下で攻撃し続け、ドライヤーの感電によってとどめを刺そうとする。しかしポルナレフの機転で脱出され、全身を切り刻まれて死亡。

 

一番活躍した全盛期ってあの時だったよな?

ポルナレフをベッドの下まで追いつめた瞬間。

このスタンドがあったら何しようかな?

要人に気づかれないまま暗殺。

 

ジョジョ2chまとめてます

ジョジョ2chまとめ

コメントを残す